WORKING!!
対象キャラ
小鳥遊宗太→ことりちゃん(CV:福山潤
アニメ放送時期
2010/04-2010/06、2011/10-2011/12(第2期)、2015/07-2015/09(第3期)、2015/12(完結編)
リンク
TVアニメーション「WORKING!!!」

WORKING!!! 第12話 「ワーキング・ガール?」 ことりちゃん分たっぷり!山田兄にバレた!気持ちの整理は…

2015/09/24 18:20


ことりちゃん「佐藤さん、復帰おめでとうございます!」
佐藤「ああ、迷惑かけてすまなかったな。」
ことりちゃん「いいんですよ。」
佐藤「お前らも辛いことがあったら何でも相談してくれ。…特に、小鳥遊。
ことりちゃん「そんなのないですよ!

そんなわけで小鳥遊くん、ことりちゃん継続中!


ことりちゃん「山田、片付けた卓、拭き残しがあったぞ。ちゃんと仕事しろ。」
山田「な…山田、その格好で真面目にお説教されたくないです。」
ことりちゃん「なっ?」


山田「もう、ずっとことりちゃんじゃないですか!」
ことりちゃん「俺にもいろいろあるんだよ。ほっといてくれ。見ろ!他のみんなは笑って迎えてくれてるだろ!
山田「苦笑ですよ!

いやあ偽乳とわかっていてもおっぱいが気になります!



山田がダイエット中らしく、ずっとお腹を鳴らしている。



ことりちゃん「まったく…成長期にダイエットなんて何考えてるんでしょう。」
佐藤「ま、山田もいちおう女子だしな。」
ことりちゃん「はぁ…俺には女心がまったくわかりません…
佐藤「悲しがらないでくれよ。」



実は山田は伝票打ちを覚えるため、「伝票打ちができるまでご飯抜き」と決め、自分を追い込む作戦に出ていたのだ。

できたのでようやくご飯解禁。
これも小鳥遊くんが大変なので何か力になろうと思ってのことだった。


ことりちゃん「えっ…?山田、俺そんなに大変なわけじゃないんだぞ?
山田「その姿の大変さをもっと自覚してください!


ことりちゃん「でも、山田が仕事頑張ってくれるのは嬉しいよ。」
山田「小鳥遊さん…」



ことりちゃん「この調子でレジを…」
山田「疲れたので山田しばらくお休みします!
ことりちゃん「山田ァ!」


ことりちゃん「ったく… いかんなぁ、山田にまで気を使われるなんて…」


ことりちゃん「伊波さんへの気持ちを整理するための女装なのに、このままでは何事も無く日々が過ぎ去って…」


山田兄「伊波さーん! …うおっ!?
ことりちゃん「大事件だ!!


山田兄「おおおーっ!夢にまで見た、山田さん!」


山田兄「いや、山田さんじゃないと小鳥遊くんが言っていたな…。じゃあ君は誰なんだい?」


山田兄「まあいいや、カワイイし!
ことりちゃん「(ど、どうする…?いきなり去るのは不自然だし、もちろん正体はバラしたくないし…)


ことりちゃん「(ごまかすしか…ない!)


ことりちゃん「あ…はじめまして。山田さんですよね…お噂はかねがね…わ、私…ことりって言います…。


山田兄「ことりさんかぁ♪
ことりちゃん「(よし、騙し切る!)

ずっと女装してる小鳥遊くんのことを心配する伊波さん。

伊波「本人も種島さんも心配ないって言ってたけど、大丈夫なのかな…。」


山田兄「おっ、伊波さーん!」
伊波「だ、大丈夫じゃなかった…。


山田兄「いやあ、やっと会えたんだ!ことりさんに!」
伊波「そ、そうなんだ…」
山田兄「記念写真を撮ってくれまいか!」


いやあことりちゃんのいい脚!


伊波「バレたらまずいわ…平常心…平常心…!」


山田兄「はっはっはー♪伊波さん、写真ブレブレだぞー。」
伊波「あっ…ごごご…ごめんねー…。」


山田兄「まあこういう写真も味わいだなー。」
ことりちゃん「そ、そうですね…」


山田兄「時にことりさん、君には好きな人がいるかい!?」
ことりちゃん「(こ、これは…いないとか言ったら…『ならば俺と付き合ってくれまいか!』とか言いそうだし…)


ことりちゃん「い…いますけど…」
山田兄「そうか!どんな人だい!?」
ことりちゃん「ええっ…ええと…(適当に答えとこう…)」


ことりちゃん「ほ、細身で髪が短くて…力が強いけど優しい人です…

乙女のような表情で語ってくれることりちゃん…♥


山田兄「伊波さんみたいな人だな!
ことりちゃん「はあぁぁっ!? あははははは…。


山田兄「大丈夫だことりさん!きっと想いは実るよ。」


山田兄「君の好きな人は、ありのままの君を受け入れてくれる素敵な人だよ!


山田兄「頑張れ!小鳥遊くん!

あああっ!バレてた!


山田兄「ああっ…しまった…」
ことりちゃん「気付いてたんですか…」
山田兄「うん。」
ことりちゃん「いつから?」
山田兄「最初から。裏声出したって声でわかるよ!
ことりちゃん「なんで騙されたフリしてたんですか…」
山田兄「君が一生懸命だったからなぁ。空気を読んだ。
ことりちゃん「そんな空気は読まなくていいんだよ!!

いやぁこれは恥ずかしい!
結局山田兄に弄ばれてしまったことりちゃん!たまりませんなぁ!


山田兄「いやあしかし見事な女装だなぁ。さすがは俺の初恋の人!
ことりちゃん「はぁ!?



山田兄「実は幼少の頃、母に連れられて君の家まで行ったことがあって…庭で遊んでいた女の子に恋をしてしまったのだ。
ことりちゃん「まさか…!



山田兄「母からあの子は小鳥遊家の4番目って教えてもらって…。いやぁ、その4番目が男の子っていうのは最近知ったんだがな!あっはははは…


山田兄「幼少期から女装して、そして現在も、か…。うん!大丈夫だ!だが安心してくれたまえ小鳥遊くん!君の親友である俺は、ありのままを受け止める素敵な奴だよっ☆

この山田兄にとうとうキレてやっちゃった…

ことりちゃん「うぅ…
伊波「大丈夫じゃなかった…」



後ろ姿もいいですな。そのまま百合(風)カップルでもいいのに。
しかしここで2人は気になった。いつもならこういう時何かとちょっかい出してくる相馬さんが、何もしてこない!?
佐藤さんと八千代さんの件にしても格好のネタのはずなのに、妙に静かだ…。


佐藤「最近の出来事を鑑みるに…」
相馬(イメージ)「ことりちゃん可愛いねー♥写真集でも出す?ねぇ今どんな気持ち?ねぇねぇー?
ことりちゃん「とか…」
相馬(イメージ)「佐藤くんおめでコングラッチュレーション!挙式はいつ?お子さんは何人欲しいですかー?なーんてね☆
佐藤「とか…」


佐藤&ことり「デバガメしまくるはず…!
相馬「やってないことで怒らないでくれるかな…。」


ことりちゃんの写真集欲しいです相馬さん!お願いします!イラッとするけど!

相馬さんは本当に何もしないのか…と思ったら、ことりちゃんを狙う影が!


ことりちゃん「やっぱり相馬さん覗いて…」
ぽぷら「ほんの出来心なんです…」
ことりちゃん「先輩!?」
ぽぷら「ことりちゃんの写真が欲しくて…」

ことりちゃんはぽぷらにとって憧れの女性(?)。
ほら、ぽぷらちゃんのためにも写真集をよろしく!

ぽぷらと山田によると、最近相馬さんはお菓子をくれたりして優しいらしい…。

ことりちゃん「何か汚い金でも手に入れたのか…?
伊波「信用のなさがハンパないわ…」


本当に相馬さんは改心したのか…?


と思ったら、相馬さんの持っていた箱から何冊ものアルバムが…。


実は、佐藤さんが休みの間代わりに出たバイト代で超望遠レンズが買えて、みんなの日常を壊さないくらい遠くから撮影ができるようになったのだという。


佐藤「まったく信用ならん。」
ことりちゃん「わかるように盗撮された方がまだマシです!こんなにたくさん撮って!」


佐藤&ことり「…没収。
相馬「このむっつり2人組!

むっつりなことりちゃんもまた…
で、ことりちゃんのアルバムはどんななんです…?



しかしみんな成長してきた。山田も仕事を覚えるようになったし、伊波さんも男に慣れてきたし、小鳥遊くんも女らしくなってきたし…ってアレ!?

八千代さんがバイトを辞めることになり、次のチーフにぽぷらが指名された。
プレッシャーを感じるぽぷらは「八千代さんが辞めなければいいのに…」などと考えてしまい、そんな自分がちっちゃいと反省するのだった。


「ちっちゃくないよ!」が決めゼリフだったぽぷらが、まさかのちっちゃいと認める発言!?
これにことりちゃんも「カッコいい!」と惚れ惚れ。


感動して「悩みがあったら何でも言ってください」と申し出ることりちゃん。
でも、今目下の悩みといえば…やはりこの女装ですよね…。



ことりちゃん「そこの雑貨屋、ぬいぐるみが可愛くて…♥
伊波「へー、いいなぁ。」
ことりちゃん「ちょっとわかりづらい所にあるんですけど…
伊波「今度探してみるね。」


ぽぷら「女子だよ!もはや完全に女子の会話だったよ!不安にもなるよ!
ことりちゃん「すみません…でも、全然大丈夫ですよ。別に女装に目覚めたわけじゃありませんから…伊波さんへの気持ちを確かめるためにですね…。」
ぽぷら「前にも聞いたけど、それと女装は全然つながらないよ!」
ことりちゃん「あと、母が…」
ぽぷら「さらに理由が!?」


ことりちゃん「母が… 母が… 何もしてこないんです!
ぽぷら「カタナシくん、気付こう?迷走してるって気付こう?」


ことりちゃん「め、迷走はしてません…!」
ぽぷら「もう、しっかりしてよねカタナシくん!」

この胸強調ポーズ!
偽乳だけど…いや偽乳だからこそのいやらしさが…!


ぽぷら「そうやってずっとことりちゃんの姿でいたら、私…ことりちゃんオーラ吸収して大きくなっちゃうんだから!
ことりちゃん「ありえないけどそれは嫌だ!


ことりちゃん「(先輩…迷走はしていないんです…)


ことりちゃん「(女装して、素の伊波さんと接触していたら、おおよそ定まっちゃった感じなんです…)


ことりちゃん「あ…あの伊波さんは…俺の女装姿と元の男の姿、どっちがいいですか…?


ことりちゃん「ああ、女装の方がいいに決まってますよね!?」
伊波「あ…男の子の方が…いい…かな…?
ことりちゃん「あっ…」
伊波「あ!あああの、ごめんね!もちろん安全のためには女装の方がいいんだけど、個人的な気持ちでは、男の子の方が好きかなって…。


すっ、好き…って言っちゃった!
伊波さんは話を雑貨屋さんに変えて照れ隠し。結局迷って行けなかったそうな。


ことりちゃん「それじゃ着替えてきます…。明日のシフトから男の姿に戻ります。雑貨屋さん今度一緒に行きましょう。


ことりちゃん「(誘ってしまった…!すごく恥ずかしかった…!伊波さんの顔見れなかった…!)


ことりちゃん「(先輩、伊波さん、その他バイトの皆さん、ご心配をおかけしました。俺、女装やめます!)


ことりちゃん「(明日からもう一度男として伊波さんと… ん?寒気が)
小鳥遊母「…気持ち決まったんだぁ?


ことりちゃん「はっ…!
小鳥遊母「良かったぁ。すごく待ったよ。宗太。

次回予告

さて次回は、小鳥遊くんがかつて倒した無法者が帰ってくる!?ラストバトル!


そしてエンドカードは幼少ことりちゃん!

今回はたっぷりことりちゃんを堪能できました。
女装やめるのは寂しいけれど…いよいよハッピーエンドへ。最終回、注目です。

カテゴリ[WORKING!!] タグ[]
コメント(0) / トラックバック(0)

トラックバック (0件)

コメント (0件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。