ファイ・ブレイン~神のパズル
対象キャラ
アナ・グラム(CV:雪野五月
大門カイト(第1シリーズ第9話)(CV:浅沼晋太郎
アニメ放送時期
2011/10-2012/03(第1シリーズ)、2012/04-2012/09(第2シリーズ:オルペウス・オーダー編)、2013/10-2014/03(第3シリーズ:宿敵!レイツェル編)
リンク
http://www.phibrain.net/
http://www9.nhk.or.jp/anime/phibrain/

ファイ・ブレイン~神のパズル 3 第24話 「欠けていても」 欠けてないものなんてない。

2014/03/21 17:02

「時の迷路」のパズルで、改変された過去をさまようカイトとレイツェル。
レイツェルは何度も何度も過去を繰り返してみるが、何度やってもジンに「何かが欠けている」と言われ、お供に連れて行ってもらえない。
とうとうレイツェルはジンと会わない世界を選んでしまった。


その世界では軸川先輩が先生になってたり、エレナは芸能人になっていない(モデル志望)など、色々設定が変わっていた。


だがレイツェルはやりたいことが見つからず、進路希望も出せずにいた。


そんな時、レイツェルはパズルをしていたカイトと出会う。
やっぱりやりたいことはパズルなのか。

一方、街で絵を描いていたアナちゃん。
この世界のアナちゃんは学生ではないのかな?放浪画家?
レイツェルはその絵に目を留めて言う。

レイツェル「全部欠けてる…


アナ「ううん、欠けてない。」
レイツェル「でもこれ…未完成じゃないんですか?」


アナ「ううん、それで完成。欠けてないものなんてない。欠けてない人も。



アナ「み~んなどこか欠けてて、どこか足りなくて…それでいいの。だから無理に埋める必要ないんだな。埋めようとすると広がって、近づこうとすると遠くなる。不思議だね。


レイツェルがこの人生を選んだのは、カイトが「ジンについて行かない道を選ぼう」と強く願ったからだった。
その結果カイトも「ジンを選ばない人生を生きて初めてお前の気持ちが分かった」という。

カイト「“何かが欠けてる”か…どういう意味かジンに聞いてやろうぜ!ついでに文句の一つも言ってやらねえとな!」

エンドカード


次回最終回。クライマックスなのに出番なかったノノハさん…

カテゴリ[ファイ・ブレイン~神のパズル] タグ[]
コメント(0) / トラックバック(0)

トラックバック (0件)

コメント (0件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。