げんしけん 二代目
対象キャラ
波戸賢二郎(CV:加隈亜衣(女)、山本和臣(男)
高坂真琴(CV:大原桃子
アニメ放送時期
2013/07-2013/09
リンク
http://genshiken-2daime.com/

げんしけん 二代目 第13話 「あの部室で待ってる」 【後半その1】 やりたければやればいい。

2013/10/04 6:27

前半からの続きです。


荻上「あれがあったから、みんなとちょっと分かり合えたっていうか、分かってもらえたっていうか…」

【回想】

荻上「笹原さんと斑目さんで…BLネタを想像してました…」そういうイラストをもう…何十枚も描きとめてます…


荻上「逃げるのをやめたっていうか、変われて良かったです。」
波戸「あのっ…なんで変われて良かったって思うんですか?」
荻上「波戸くんは今、ここにいることを後悔してるんですか?
波戸「そうじゃないですけど…」
荻上「だったらいいじゃないですか。


そう言われて、いよいよ温泉に向かう波戸くん。
810ちゃんも見守っています。

そりゃ吉武っちも見たいよね!

矢島「いい加減にしろよ!普通に軽犯罪法違反になるぞ!」
吉武「ちっとも見えないっスね~手強いっス。
矢島「手強いじゃねぇだろ!メガネ置いてこい!」
大野「これは男女逆シチュエーションですね…」
吉武「大野先輩も気になるっスよね?男の中に美しき波戸ちんが1人なんスよ!しかもツルツルの。


矢島「お前、聞い…」
吉武「俺の中の妄想列車が暴走中っス!


斑目「おぉ…サンキュー。」
波戸「いえ。」

コンディショナーを探す斑目先輩にそれを手渡す波戸くん。よっ夫婦!いい奥さん!


カメラさんもうちょっと下!下!


斑目「でかい風呂っていいなぁ…」
波戸「あ…はい…」


斑目「おおっ…ツヤッツヤかよ…男の肌じゃねぇなぁ… あっ…いかんいかん…)


波戸「あの…先輩はこれからどうするんですか?



波戸「あっ、いえすみません、そういう意味じゃなくて… ってそういう意味ってのは…!


斑目「うーん…仕事は探すよ。元々大学に近いからってだけで決めた職場だったし…次はもうちょっと考えねぇと。」
波戸「はい…」
斑目「今になってやっと大学を卒業した感じ。」


波戸「先輩、これまでありがとうございました。
斑目「えっ…?」
波戸「僕、これまでお詫びとか失礼発言はいっぱいしてたけど、お礼は言ってなかったと思って。」

斑目「お、おう… なんだもう、うちに来るのやめて女装もやめるのかと思ったよ…一瞬。」
波戸「えっ…?」
斑目「や、一瞬。」


斑目「えっ!?あ…そうなの?」
波戸「ん…いえ…」
斑目「マジでやめるの?」
波戸「わからないです。でも、いつかはやめなきゃいけないんだろうなと思って…


斑目「なんで?


波戸「だって、やっぱりあの、色々変わってくし…変わらなきゃいけないし…自分も周りも… それに先輩だって、実際に会社を…」
斑目「うーん、そこまで強い意志があったかっていうと、そうじゃないんだよなぁ…適当にやってたらこんな風になったって感じで…結果論?」
波戸「う…適当…?」


斑目「うん、だいたい女装は、ロボとかロリとかレイヤーとか鉄とか腐とか…そういうのはガワに過ぎないよ。大丈夫。波戸くん、君は立派なオタクだから。それは未来永劫変わらないことだから。


斑目「そしたら、女装するしないなんて、すっげー些細なことでしょ。」


斑目「やりたければやればいいし、やめたければやめればいい。再開するもしないも自由。そう考えれば、すっごい楽になんね?
波戸「自由…」
斑目「そうそう。まだ時間はいっぱいあるんだからさぁ…」


いいこと言ってくれるなぁ… こりゃ惚れるわ。


波戸「はい。


810「うふふふ…」


吉武「それでは乾杯の前に、第1回波戸ちゃんは女装と男装どっちがいいかー会議ー!
大野「それは女装でしょう!せっかく浴衣の宴会なんですし。」
波戸「えっ…」


吉武「あの荷物の大きさは…持ってきてまスよね?道具。
波戸「う…」


スー「♪波戸くんのー可愛いところー見てみたいー
波戸「えっ、いや、待って…」
吉武「波戸ちゃんが女装すればいいと思う人ー」
大野・スー・朽木「はいっ!!

ノノノノノ<はいっ!
斑目先輩も小さく手を挙げる。


波戸「(うーーーん…)」


波戸「わかりました!

っとここで、温泉の画像が多くなりすぎたので、もう1回分割させて下さい!
後半その2:波戸ちゃんの可愛いところへ!

カテゴリ[げんしけん 二代目] タグ[]
コメント(0) / トラックバック(0)

トラックバック (0件)

コメント (0件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。